チェコ探訪

チェコ いろいろな門

ブラーナ コレクション

実店舗の店名「コウゼルナー・ブラーナ」とは、チェコ語で “魔法にかけられた門” という意味です。
ブラーナ チェコには、城壁に守られていた姿を、今にとどめている街がいくつもあります。そんな街は日本人の私の目に、とても神秘的に映ります。

 よそ者を寄せ付けない閉鎖的な印象の高い壁。でも、その門をくぐると、内側は広場を中心に迷路のように路地がめぐり、当時の人々の活気に満ちた、豊かな暮らしぶりが想像されます。

 門の「内」と「外」、その印象の落差に“魔法”という言葉をあてて付けた名前です。
 そんなイメージから始まった、“ブラーナ”。初めは、裏庭の小さな門ぐらいのイメージだったのですが、チェコのブラーナ(門)をくぐるたび、その不思議な雰囲気に魅かれ、大きな門を開くことにしました。

 不思議な門をくぐって、日常とは違った~お買い物を楽しんで下さいね♪という意味なんです。




 店名にちなんで、チェコのいろいろなブラーナ(門)を撮ってきました。

 お城へと続く門、教会の裏門、邸宅の門・・・。強固な守り、威厳あふれるもの、華麗な装飾等、門もいろいろありますね。門に限らず、街の建物の入り口も、概して重厚な面持ちです。大きな彫刻やレリーフが頭の上を飾り、下を歩く時、落ちてはこないかと、実はちょっと気になります。
ブラーナブラーナブラーナ
ブラーナブラーナブラーナ
ブラーナブラーナブラーナ



城壁も残るこの街は、丘の上にありました。

急な坂道を、やっとの思いで登りきり、門をくぐって路地をぬけると、パッと開けて、広場にたどり着く。

今は、城壁の外にも街が広がっていますが、むかしの様子が想像できます。そう、絵本や映画でみる、ギーっと門が開くと、ガヤガヤとした街の喧騒が聴こえ、たくさんの人がごった返して歩いている、感じ。

この門も、きっと、とても重要な役目を果たしていたのでしょうね。
ブラーナ

コメントする

名前

URL

コメント

ポイント1%

2万円で送料無料

あんしんクレジットカード決済システム

ショップカレンダー
  • 今日
  • 店休日


《24時間おかいものOK!》

いらっしゃいませ!

店主

ご来店ありがとうございます。

菜の花畑、ポピーの花咲く丘を越え、美しい装飾にあふれた街並みに見とれつつ、アンティークを求めて歩きます。ガラス好きの店主が、ひとつひとつ選び買い付けています。

アンティーク探しの醍醐味は“発見!”です。ぜひお気に入りの一品を見つけ出して下さい。

ページトップへ