カートをみる 会員様ページへログイン&新規登録 ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

ボヘミアングラスとは?

 ボヘミアでガラスが作られたのは9世紀頃と云われています。長い歴史に培われた、高い技術によって作られたガラス製品です。

●なぜ、ボヘミアでガラスが作られた?

 ガラスの原料となる良質の資源に恵まれていたため、古くからスラブ民族は、「とんぼ玉」などを作っていました。

 そして、ボヘミアの豊かなブナの森は、ガラス産業に不可欠な燃料となり、ここで作られたガラスは「森林ガラス」と呼ばれるようになりました。

●なぜ、ボヘミアングラスが、ヨーロッパ王侯・貴族たちの人気を独占するまでになったのか?

 既に、不動の地位を築いていたヴェネチアングラス。これに対抗するため、ボヘミアでは王様をはじめ、職人達の並々ならぬ努力がありました。

 外へ出れば死罪であったはずのヴェネチアのガラス職人を呼び寄せたり、宝石職人がガラスを彫刻したり、着色法を考案したり。様々な装飾を施し、高度な技術を開発しました。

 中でも、ヴェネチアの製法に倣うことをやめ、独自性を出した時、ボヘミアのガラス産業は大きく飛躍しました。ヴェネチアのソーダ灰を使わず、ボヘミアの素材で、独自の製法をとることで、ついにヴェネチアを追い越し、世界シェア1を成し得たのです。

●ボヘミアングラスの特徴

 ボヘミアングラスの母は、広大な“ボヘミアの森”です。

 豊富な燃料として、またブナの灰から得る「炭酸カリ」により、限りなく透明に近い、水晶のようなガラスが作られます。

 同じように見えるガラスですが、ガラスにも種類があり、それぞれ特徴があります。ボヘミアングラスは、炭酸カリを入れるので「カリガラス」と呼ばれています。

  • 「カリガラス」は、くもりのない「高い透明度」を誇ります。
  • 「カリガラス」は、「硬い」ガラスです。 →より深く、より多く削ることが可能です。ガラスが宝石のように輝き、立体感のあるレリーフを彫ることもできます。
  • 「カリガラス」は、きれいに「発色」します。 →さまざまな、色ガラスが作られています。

 日本では『高級グラス=クリスタルグラス』のように思われがちです。確かにクリスタルグラスも、鉛を入れて透明度を出した美しいガラスです。それぞれに、違う透明感を感じます。

  • 『クリスタルグラス』は、キラキラとして、あやうく、はかない美をもったガラス。
  • 『カリグラス』は、穏やかで、じっと動かない、森の奥の湖のようなイメージ。

 日本で、いまひとつボヘミアングラスが知れ渡らない理由、それは「ブランド」がモーゼルぐらいしかないからでしょう。

 ボヘミアングラスは、小さな町工場や工房で作られてきました。ブランド名やサインなんてありません。「いいもの作ればいいんだろう」という声が聞こえてきませんか?日本の職人さんと似ているのかもしれません。

東欧の陶磁器とは?

磁器について

 白で薄く、硬くて艶があり、華やかに彩色された東洋の磁器。はるか中国、日本から運ばれた美しい器は、ヨーロッパの人々を魅了し、熱狂させました。

 当時、金銀宝石以上の価値をつけられた東洋の磁器を、王侯貴族や富裕な商人達は競って手に入れ、宮殿や大邸宅を飾りました。それらは実用を超え、自らの地位を誇示する道具となっていました。

 貴重で高価な磁器。これを自国で作ることができれば、莫大な富を得ることができると考えられ、ヨーロッパ中で磁器の生産が試みられます。しかし、それは困難を極めることでした。

 その中、ドイツで幽閉状態で研究させられていた錬金術師が、製法を解明し、磁器に欠かせない材料であるカオリンも発見されます。今日のマイセンの始まりです。

 そうして、現在のドイツ〜チェコの国境付近は、質のカオリンの採れる磁器の産地となり、多くの窯が存在するようになったのです。

 チェコは、300年におよぶオーストリア帝国の支配、ナチスドイツの支配、そして第2次大戦後の社会主義国家を経ています。かつては、ウィーン窯に素地を提供していたり、ドイツの有名メーカーと提携したりしていた多くの工場や窯元も、吸収合併、国有化、閉鎖等、時代の波に流されてしまいます。現存するメーカーも、国家と同様に、歴史はとても複雑です。

 そのような変遷を経たためか、ガラス同様、大きなブランド名はありません。しかし、チェコでは長年にわたり、良質の磁器が作られ続けています


陶器について

 チェコにおいて、陶器は磁器にくらべ、はるかに低い位置にあります。日本の価値観とは大きく違い、人々の「陶芸」の扱いは、趣味の域を出ません。素地を見ると、中国や日本の陶器がいかに優れているかを実感します。
そのような文化の違い、品質的問題からか、特に古いものについては、現存する数が少ないようで、アンティークとして高値がついています。

 ですが!!それには目をつぶりたくなる程、わいい絵付けが多いのが、チェコの陶器です。

 全面を覆いつくす手描きの絵付けは、ときにヨーロッパの自然であり、ときに刺繍のモチーフ同様の民族的な伝統柄であり。花のない長い冬の生活を、明るく彩る役目があるのではないのでしょうか。

ページトップへ